重要な要素を紹介します

ノートとペン

必要な力と勉強のしかた

勉強する人

読解力は一番重要な要素

テーマの意味を理解して自分の意見を言う小論文では、読解力がかなり必要になります。読解力が全然なければ小論文は書けないと思っておいたほうがいいかもしれません。与えられたグラフや課題文などを理解して整理しなければ、点数に結びつきにくいと言えます。読解力はすぐに身につくものではありませんが、日頃から小論文を書く癖を付けておけば大丈夫でしょう。ちなみに、本を読むだけでは読解力が身につきにくいと言われています。身につけるためには文章の主語と述語を理解する練習が必要です。

段落などの構成力も大切

論理的にわかりやすく文章を書くことも小論文では大切なことになります。段落は基本的に3段落か4段落にわかれます。どのように書いたらいいかわからない人は、起承転結を理解して書いてみるといいかもしれません。序論から始まって本論で多くの文字を書いて自分の意見を主張し、結論で締めるというのが正しい書き方です。文字数に合わせて瞬時に構成できるようになれば、スムーズに書き始めることができるでしょう。

文章力で論理的に書く

素晴らしい意見や主張があったとしても、文章に表すことができなければ意味がありません。文章の構成も必要になるので、構成力と同じくらい重要なことになるでしょう。文章の言葉遣いや言い回しなども文章力に関係してきます。

発想力や想像力が重要になる

他の人達と同じような意見だと高得点は狙いにくいです。誰も予想しないような意見を考えることで、他の人達と差を付けられるでしょう。発想力や想像力はすぐに身に着けられることではないので、日頃からいろいろなことに関心を持ち自分の意見を持つことが大切です。

構成力と読解力の付け方

どれから勉強したらいいかわからない人は、構成力と読解力を中心に勉強したほうが良いでしょう。この2つは小論文を書く際に重要になることですし、知っているだけで得点に直接結びつきます。文章力や想像力などは長い時間をかけて勉強していくといいかもしれません。

小論文のルールや書き方を知る

書く人

ルールを覚えることが大事

小論文には段落の分け方などのルールが存在します。ルールを無視してしまうと減点の対象となるので、理解したうえで書くようにしましょう。文字数や制限時間などもルールの一つなので覚えておくといいかもしれません。

READ MORE
勉強する人

必要な力と勉強のしかた

読解力や文章力などがないと小論文を書くことはできません。他にも構成力や想像力なども求められると思います。他の受験者が思いつかないような小論文を書くことができれば、合格できる可能性が高まるでしょう。それぞれの項目を詳しく解説しています。

READ MORE
広告募集中