減点されずに書く方法

ペン

基本を押さえることが大事

小論文に限らずいろいろなことに対して言えるのが基本です。かなり良い文章を書くためには、それなりの基本を押さえておく必要があります。逆に基本をほったらかしにして応用に取り組んだとしても、必ずミスをして良い小論文を書くことはできないでしょう。まずは、基本的なルールから勉強することが大切です。

段落分けや誤字に注意する

志望校にもよりますが、そこまで難しい内容を問われることはないので、大きなミスをしなければ簡単に書けます。最近のニュースや志望校に関係するような内容を重点的に知っておきましょう。ある程度理解したら後は書き方を間違えないようにするだけです。減点の対象になるのは段落分けを間違えたり誤字や原稿用紙の使い方です。これらの形式面による減点で小論文で点を取れない人が多いようです。

減点法ということを理解する

小論文はどれだけ良い文章を書けるかというよりも、いかに減点されずに書くかということが大切になります。出題されたテーマに対して的外れなことを言わないようにして、一貫性のある文章を書くと良いでしょう。また、出題されたテーマに対して実現可能な範囲内で主張することも大切です。これらを気をつけたうえで小さなミスを減らすと良いでしょう。

【PR】
小論文なら納得できる書き方を学ぶ
考察と結論がしっかり伝えられる

小論文の添削を依頼
徹底指導してくれる

短期大学への入学を検討しているなら必見
さまざまな分野の学校が載ってる!

小論文のルールや書き方を知る

書く人

ルールを覚えることが大事

小論文には段落の分け方などのルールが存在します。ルールを無視してしまうと減点の対象となるので、理解したうえで書くようにしましょう。文字数や制限時間などもルールの一つなので覚えておくといいかもしれません。

READ MORE
勉強する人

必要な力と勉強のしかた

読解力や文章力などがないと小論文を書くことはできません。他にも構成力や想像力なども求められると思います。他の受験者が思いつかないような小論文を書くことができれば、合格できる可能性が高まるでしょう。それぞれの項目を詳しく解説しています。

READ MORE
広告募集中